teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


再刊をありがとう

 投稿者:アインス  投稿日:2020年 8月17日(月)02時18分47秒
返信・引用
  まあちゃん様

2012年、この掲示板で、アインスと名乗っていました。

注文していた『暗闇の中で一人枕をぬらす夜は』が届きました。
遠い日に持っていて、いつか手放した『白い木馬』の記憶が、ゆっくりと、よみがえってきます。
深く心に響いた詩もあれば、字面しか読めていなかった詩もあります。

今ならわかること。孝子さんは、とても知的で、そして努力家だったのだと。
冒頭の『旅立ち』は、志をいだいて親元を離れ、ドイツへ留学する時の思いを回想したのでしょうか。その不安と憧れ。
この詩を書いた時は、すでに病との戦いの真っただ中にいたのですね。

手元に届いたのは初版でした。
重版も好きなのですよ。奥付の重版の数字を見て、「この本は、こんなに愛されているんだ」と思えるからです。
 
 

ブッシュ孝子全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」(新泉社)重版が決定しました

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 7月15日(水)23時34分3秒
返信・引用
  ブッシュ孝子全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」(新泉社)

おかげさまで、このほど重版が決定しました。
皆様のご支援に厚く御礼申し上げます。
 

朝日新聞(7月15日付・夕刊)

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 7月15日(水)23時32分57秒
返信・引用
  朝日新聞(7月15日付・夕刊)にブッシュ孝子の記事が掲載されました。
取材してくださった朝日新聞の山本様、ありがとうございました。


28歳で夭折の詩人、半世紀経て全詩集 命の「警告者」(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASN7F4V8DN5GUCVL00L.html
 

朝日新聞と毎日新聞にてブッシュ孝子の詩が紹介されました

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 5月28日(木)21時43分7秒
返信・引用
  お知らせです。ブッシュ孝子の詩を朝日新聞と毎日新聞で、それぞれ取り上げていただきました。

折々のことば:1828 鷲田清一(2020年5月27日 朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14490664.html

生の喜び 真っすぐに=和合亮一(詩人)(2020年5月28日 毎日新聞東京夕刊)
https://mainichi.jp/articles/20200528/dde/014/040/009000c
 

ブッシュ孝子全詩集、アマゾンの現代詩集売れ筋ランキング1位、全書籍売れ筋ランキング1522位

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 4月12日(日)23時00分40秒
返信・引用 編集済
  ブッシュ孝子の全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」(新泉社)が、アマゾンの現代詩集ランキングで1位、全書籍売り筋ランキングで1522位となっています。
皆様のご支援に感謝申し上げます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4787720074/

 

ブッシュ孝子全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」(新泉社)4/10発売

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 4月 9日(木)23時40分47秒
返信・引用
  ブッシュ孝子の全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」が新泉社様より発売されます。
孝子が亡くなって、すでに45年以上が経過していますが、当時の詩集をこういう形で再刊していただけたことに喜びを禁じ得ません。
今回の再刊に際しては、前回の詩集「白い木馬」には掲載されなかった未発表作品も収録させていただいております。

今回の再刊は、解説を執筆していただきました若松英輔様のご尽力がなければ、実現しえなかったであろうと思います。若松様には、機会あるごとに孝子の詩をご紹介いただき、また今回素晴らしい解説を寄稿いただき、厚く御礼申し上げる次第です。
また、再刊の企画を提案してくださった新泉社の皆様、装画をしていただいた画家の原裕奈さん、すべての関係者の方に心より御礼申し上げます。
孝子の詩を再び世に出せたことで、少しは祖母に恩返しできたかなと思います。

ご関心のある方、ぜひ手に取っていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

ブッシュ孝子全詩集「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」(新泉社)
ブッシュ 孝子/著
若松 英輔/解説
四六判上製168頁1900円+税ISBN 978-4-7877-2007-8
2020.04.10発行

出版社(新泉社)のサイト
https://www.shinsensha.com/books/3336/
アマゾンのサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/4787720074/
 

予約しました

 投稿者:まゆ  投稿日:2020年 3月11日(水)22時01分39秒
返信・引用
  手許に届くのが待ち遠しいです。  

出版社による公式ツイッター開設のお知らせ

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2020年 1月22日(水)21時46分15秒
返信・引用 編集済
  この場をお借りして、お知らせさせていただきます。
私の伯母でありますブッシュ孝子の詩集再刊計画ですが、このほど出版社(新泉社様)による公式ツイッターが開設されました。
刊行計画など、最新情報はこちらで確認することができます。
https://twitter.com/BuschTakako_S

現在のところ、詩集のタイトルは「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は」
また、孝子の詩を様々なメディアでご紹介いただいております若松英輔様に、解説を執筆していただく予定となっております。

今年度内(3月末)の刊行を目指しております。
皆様のご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、管理人が別ハンドルで運営しておりますブログにおきましても、ブッシュ孝子詩集の再刊計画について情報を発信してまいります。
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52245533.html
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年12月 5日(木)00時26分52秒
返信・引用
  とんがり帽子様
コメントいただき、ありがとうございます。
再刊の際には、若松英輔さんに解説を寄稿していただく方向で準備しております。
若松さんのお力がなければ、今回の再刊は実現しなかったと思っています。
 

再刊楽しみにしております

 投稿者:とんがり帽子  投稿日:2019年12月 3日(火)11時46分21秒
返信・引用
  去年、若松英輔さんの講演会で、初めて知りました。『白い木馬』を手にすることは叶わないだろうと半ば諦めかけていたのですが、ふと気づいて、市立図書館の窓口で紙の用紙に記入してリクエストしてみました(パソコンで検索しても、所蔵はない、と表示されていました)。すぐ県立図書館の蔵書を貸し出していただき、毎日大事に少しずつ読んでいます。
久し振りにこちらのページを拝見すると、再刊のお知らせがあり、ペンを執り(?)ました。皆様のご苦労とご尽力に感謝いたします。楽しみに待っています。
 

まゆ様へ

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年11月23日(土)11時40分51秒
返信・引用
  ありがとうございます。ご期待ください。
詩集のタイトルは、「白い木馬」ではなく、新しいものとする予定です。
 

(無題)

 投稿者:まゆ  投稿日:2019年11月22日(金)23時19分38秒
返信・引用
  ずっと心待ちにしていました。嬉しいお知らせを有り難うございます。
あと少しの間、楽しみに待っています。
 

ブッシュ孝子詩集 3月までの再刊が決定

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年11月19日(火)21時02分39秒
返信・引用
  管理人よりお知らせします。
ブッシュ孝子の詩集ですが、今年度内、すなわち遅くとも来年の3月までに新泉社様より再刊されることが決定いたしました。
https://www.shinsensha.com/

「白い木馬」に収録の作品はもちろん、未発表の作品もいくつか新たに収録していただけることになりました。
今後の情報は、随時この掲示板でお知らせしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
 

Re: ゆりか様

 投稿者:ゆりか  投稿日:2019年 9月23日(月)10時14分42秒
返信・引用
  > No.50[元記事へ]

管理人まあちゃんさんへのお返事です。

ありがとうございます。

実は暗記するほど読み込んでいたのですが、最近なぜか忘れており、
最近、あるニュースを目にした時に「あやまち」を思い出したのです。
そうだった、私この人の詩、なぜだかすごく好きだったんだ…ということも。

許可、ありがとうございます。
どんな記事になったか、後でのぞいてやってみて下さいませ。

再刊、されると良いですね。
皆に読んで欲しいと思う詩集です。






> コメントいただき、ありがとうございます。
> 私は厳密には孝子の相続人ではなく、許諾する立場ではないのですが、ご紹介いただくのは全く支障はないと思います。
> 再刊の計画を立てていますが、引用していただいたことで出版社との関係でも問題になるようなことはないだろうと思っています。
> 孝子の詩に関心を持っていただき、ありがとうございます。

https://blog.goo.ne.jp/inabox/

 

ゆりか様

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年 9月21日(土)00時09分9秒
返信・引用
  コメントいただき、ありがとうございます。
私は厳密には孝子の相続人ではなく、許諾する立場ではないのですが、ご紹介いただくのは全く支障はないと思います。
再刊の計画を立てていますが、引用していただいたことで出版社との関係でも問題になるようなことはないだろうと思っています。
孝子の詩に関心を持っていただき、ありがとうございます。
 

こんにちは

 投稿者:ゆりか  投稿日:2019年 9月19日(木)22時44分34秒
返信・引用
  18歳の時に古本屋で初めて出会いまして、それから引っ越しの度に何度も持って行きました。30年以上経ちました。
特に「あやまち」という詩はすごい詩だと思います。こんな無関心な生き方をしてきた私でももう一度やり直したくて。
ブログに「好きな詩」として掲載させていただいてもよろしいでしょうか。

https://blog.goo.ne.jp/inabox/

 

(無題)

 投稿者:まゆ  投稿日:2019年 5月 6日(月)12時53分11秒
返信・引用
  私も若松英輔さんの著書で、「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は…」と、孝子さんが静かに自分自身に語りかける、題名のないその詩に深く心を揺さぶられました。ぜひ他の作品も読んでみたく問い合わせたところ、すでに絶版とのこと、残念に思っていたところでした。お身内の方が再版のために尽力されていることを知り嬉しく思います。  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 5日(金)12時20分45秒
返信・引用
  若松英輔先生の著書にて、ブッシュ孝子さんの作品を知りました。孝子さんの詩を何度も読みかえしていたとき、ふと、こころの中に、これまで慈しむことのできなかった自分の過去に対する「これまでよく頑張ったよね」という慰めの言葉が浮かび、涙がとまらなくなりました。
私はいま20歳ですが、孝子さんが亡くなられた年を思うと、胸が塞がれる思いです。そして、時を経てもみずみずしいままで人の心を暖める孝子さんの作品をとても美しく思います。

そして、ちょうど再販のお知らせを拝見し、とても嬉しく思いました。道のりはご苦労の多いことと思いますが、孝子さんの本を手に取れる日を心より楽しみにしております。
 

ブッシュ孝子詩集 再刊の計画について

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年 3月16日(土)15時32分18秒
返信・引用
  現在、ブッシュ孝子の詩集を再刊(再出版)する計画を立てています。
いろいろとクリアしなければならない課題も多く、出版社とも協議しておりますが、年内に実現できればと考えております。
決まり次第、この掲示板でもお知らせします。

http://shiroimokuba.izakamakura.com/index.htm

 

サイト移転のお知らせ

 投稿者:管理人まあちゃん  投稿日:2019年 3月16日(土)15時30分3秒
返信・引用 編集済
  このたびYahoo!ジオシティーズのサービスが終了となることから、サイトを移転することになりました。
とりあえず既存コンテンツは下記URLに移してありますので、お知らせします。
なお、独自ドメイン(shiroimokuba.com)もこの機会に解約する予定です。

http://shiroimokuba.izakamakura.com/index.htm

 

レンタル掲示板
/4